Smoothy(スムージー)サーフショーツ

『絶歌』

このタイトルの意味を何度も何度も考えてみたけど

やっぱり、さっぱり、意味がわからない。

↓普段もはけるし、そのまま海やプールにも飛び込めるサーフショーツ

まるで避暑地にバカンスにきたみたいなラグジュアリー感!

1997年に神戸で起きた連続児童殺傷事件の加害男性が「元少年A」の名で手記を出しましたね。

まず驚いたのが2004年には現実社会に出て働いていたということ。

身元を隠しているわけだから、まさか身近に元少年Aがいるなんて誰も知らないよね。

怖い。。。というのが正直な思い。

↓グログランナイロンを使用したサーフショーツ

ドローコードのヒモでウエストは調整できます

前に2つ後ろにも2つポケットがあり袋布はメッシュになってます

どちらも男の子でも女の子でもいけますね!

Smoothyサーフショーツ¥5,800+税

カラー/ネイビードット、ネイビーボーダー

サイズ/90〜150㎝

ナイロン100%

※インナーパンツはついていません

「書くことが生きる支えになっていた」

彼にも更生する権利はある。

生きながら罪を償い生活していくこと、何かを支えにすること、それは当たり前の

ことかもしれないが、今回のこの本の出版に関しては

どうしても遺族側の気持ちよりになってしまうので納得できない。

遺族は

「子供が生きる支え」だったかもしれないのだから。

本人の事件当時の心境を読んでみたい気もするけど

知らなくていいことのような気もする。

遺族が出版中止を求めているかぎり

私はこの本を買わないだろうし

『絶歌』

タイトルの意味は内容を読めばわかるのかもしれないけど

知らなくてもいいし、知りたくもない。

この記事のアイテム以外にもオンラインストアにもアイテムがたくさんありますのでご確認ください!